お役立ち脱毛と美容の知識 > スキンケア > 紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線をカットして日焼け対策をする


紫外線対策で大切な事は、
とにかく外出する際は紫外線に当たらないようにするという事です。

かといって、屋内に閉じこもっていることはできません。

 

外出する時には紫外線対策を意識して、帽子やサングラス、日傘といった
日差しをさえぎることの出来るものを活用するようにしましょう。

 

紫外線は人の目には見えないため、どこにあるかもわかりませんが、
物体や地面からの反射で皮膚に届く場合もあります。

 

帽子にサングラスなどをしても、
下からや横から反射した紫外線が顔に当たることも十分に考えられます。

 

紫外線対策では、目で見てわからないような細々とした部分までの配慮が必要になってきます。

 

紫外線の対策には、紫外線をカットする日焼け止めなどを塗るということも効果的です。

 

紫外線対策の効果を保つためには、1日数回、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

 

女性の場合は、1日の中でメイク直しするのと一緒に、
落ちてしまった日焼け止めも併せてぬり直すようにすると良いでしょう。

 

日焼け止めクリームには、SPFという紫外線をガードする指数が表示されています。

 

日差しの強い海に行くならばSPF50のものを、普通の外出時にはSPF20から25程度というように、
用途に合わせてSPFの度数も変えるようにしましょう。

 

紫外線対策の基本は、まめにお手入れをすることにあると言われています。




キーワード