お役立ち脱毛と美容の知識 > 脱毛と除毛は違うのです。

脱毛と除毛は違うのです。

よくいろいろな美容商品のサイトやCMなどで除毛や脱毛といった言葉を耳にします。

私達は、普段何気なくこの言葉を見たり聞いたりしていますが、明確な違いってわかりますか?

実はこの2つには大きな違いがあったのです。

まずは脱毛と除毛の違いを知ろう

それを簡単に一言で言ってしまえば、また毛が生えてくるかこないの違いです。

そこでまず知っておきたいのが毛の生える仕組みです。

私達の毛は、皮膚の表面から見える”毛幹部”と、皮膚の中に埋まっている”毛根部”とに分かれます。

毛と皮膚組織の関係

カミソリなどで皮膚表面の毛を剃るのが剃毛処理。

この剃毛処理または、毛抜きなどで毛根まで抜いてしまうのが除毛です。

 

一見、毛根部まで抜いてしまうので毛が生えてこなくなると錯覚されますが、実は毛根を抜いても毛はまた生えてくるのです。

いくら毛根部まで抜いても、その下にある”毛乳頭”が残っていると毛はまた生えてきます。

そうなのです、二度と毛を生えなくするのであれば、この毛乳頭を無くしてしまわなければなりません。

この毛乳頭を破壊してなくしてしまう処理が脱毛というわけです。

しかし、毛乳頭は皮膚の奥深くにあるためそう簡単には無くすことができません。

 

一般的に脱毛は、レーザーなどの光照射で処置を行いますが、これには医師法が関わってきます。

本来、皮膚などへの光(熱エネルギー)照射は、医師による治療行為でなければなりません。

しかし、脱毛は治療ではないですよね。

エステで脱毛ケアをする女性

 

脱毛とエステサロン

過去においては、幾度と無く脱毛エステが摘発されているのも事実です。

レーザー照射で火傷をしたり皮膚が炎症を起こしたりして問題となり警察が動いたためです。

そのため、現在脱毛を行うエステでは、強いレーザーではなく照射の弱いフラッシュタイプを使ったり、毛を抜き易くするクリームやジェルを光照射と併用するなど独自のシステムを導入して対応しています。

ただし、皮膚へ照射する光の強さが弱いので、一度では処置が完了しないため何度も通うことになってしまいます。

エステも最近では、利用者の負担を少なくするために割引きを実施するところも多くなってきましたが、それでも全身コースとなると何十万円にもなってしまうのが実情です。

何十万円ものお金と時間をかけてでもしっかりと脱毛したいのであればエステへ通われるのも良いかと思われます。

逆に一時的にでも短時間に簡単に除毛したいのであれば、ご自身でカミソリなどでの剃毛、または市販の除毛クリームによる除毛ということになります。

ただしこの場合は、頻繁に除毛を行わないとなりません。

また暫くして少し毛が生えてくるとチクチクして不快でしょうがなくなります。

 

オススメなのは家庭用脱毛器

結構この頻繁な除毛処理が面倒で、最終的にはエステへ通われたという方も多いようです。

そこでここ数年注目されているのが家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器

家庭用ということでエステなどの業務用よりも照射量は少なめで弱くなっています。

何度となく繰り返して使うことで徐々に毛が薄くなっていきます。

時間がかかるのはエステと同じですが、家庭でできる分コスト的にかなり負担が少なくなります。

それにアンダーラインなど他人に見られたくない場所も自分で出来りので恥ずかしくもありません。

お値段はちょっと高めですが、それでもエステに通うことを考えたらずっとお得になります。

そういったこともあり今、家庭用脱毛器がかなり売れているようです。

 

しっかりとした脱毛をするのか、一時的な除毛にするのかはご自身の判断次第ということでしょう。

脱毛と除毛、いずれにしてもムダ毛を無くしたいというのは永遠に女性の悩みかもしれませんね。